GoldFish Theatreとは・・・


突劇金魚が、新しい出会いを求めて立ち上げる企画です。
集まった皆さんと突劇金魚が演劇作品を創作し、劇場でお客様に発表します。


サリngROCKが演出し、山田まさゆきも出演します。
舞台経験がない方も、もちろん舞台経験が豊富な方も、気軽にご応募下さい!!
※脚本は、集まった参加者さんの人数や特性などのバランスを見て決定します。
(サリngROCKの脚本ではない可能性もあります。)





突劇金魚とは・・・


突劇金魚の過去の作品の雰囲気がわかる動画です↓


Promotion Video 2012~2015
過去作品『夏の残骸』『富豪タイフーン』『夜に埋める』『漏れて100年』『ゆうれいを踏んだ』まとめ



関西学院大学の演劇サークルに所属していたサリngROCKを中心に結成。

2007年に應典院舞台芸術祭space×dramaで最優秀賞を獲得した『愛情マニア』にて
2008年に第15回OMS戯曲賞大賞を受賞。



以降、
2009年に第9回AAF戯曲賞最優秀賞
若手演出家コンクール2012優秀賞
第57回&第62回岸田國士戯曲賞にノミネートされるなど実績を積んできている。



また、2019年2月には
JAPAN SOCIETYに選ばれた『漏れて100年』のリーディング公演が
ニューヨークで行われる予定。


作品の下敷きにあるものは「現代を生きることで感じる、不安や憤り」である。


そこに、なんとか希望を見いだそうとする人々の姿を
女性の視点からなるべく滑稽に、そしてリアルに、描きだす。



関西訛りで話すエキセントリックで不器用な登場人物が繰り広げる
突飛な展開のドラマは現実なのか空想なのか、別世界なのか分からない
中毒性の高い、独特の世界を創り上げる。




近年は事務所所属俳優や専門学生への演技指導や
映画の方言指導など演劇を活かした仕事も手がけながら
劇場公演だけではなく長屋を改装したアトリエでのロングラン公演など
実験的な活動も展開している。






GoldFish Theatreの目的


突劇金魚の我々(サリngROCK・山田まさゆき)が、新しい人たちと出会い、一緒に創作の現場を体験することによる「楽しみ」「刺激」を期待しているのはもちろん、突劇金魚の本公演のキャスティングを考える際の選択肢を増やしたいという目的もあります。


現在、突劇金魚の本公演は
一緒にやってみたい俳優をあらかじめ集めて脚本を書き始めるのではなく、脚本が完成してからキャスティングを考えるという流れになっております。


キャスティング会議では
その脚本の登場人物に合いそうな俳優さんの候補を思いつく限り挙げ、 全体のバランスを考えてキャスティングしております。


当然ですが、我々が、現段階で知っている俳優しか思いつきません・・・。


GoldFish Theatreを通して、新たな俳優さんとの出会いの機会を作り「あ、あの人、この登場人物にピッタリかも!!」と、我々が思いつく俳優さんの幅を増やしたいと思っております。


新しい出会い、心より楽しみにしております。


山田まさゆき

山田まさゆき
【Profile&Photo】http://kinnngyo.com/yamada/
【Blog】https://ameblo.jp/ip620/
【Twitter】https://twitter.com/ip620
【facebook】https://www.facebook.com/ip620






本番日程と稽古期間について


本番日程:2018年12月28(金)~30日(日)


稽古期間:2018年11月頭~12月の本番まで週3程度のペースで希望を聞いた上で、参加者全員で調整します。
※稽古日数は進捗などにより多少増減する可能性があります。


稽古場所:大阪市内





参加について


オーディション料金:無料
チケットノルマ:なし
チケットバック:1枚につき500円
※チケットを1枚売って頂くごとに500円の謝礼をお渡しします。例えば、チケットを1億枚売って頂いた場合「500円×1億枚=500億円」の謝礼をお渡しします。


参加費:9800円
※参加費は「会場費」「稽古場の費用」「スタッフ人件費」「広報費」「舞台美術制作費」「衣装制作費」「小道具制作費」「その他雑費」などの一部にあてさせて頂きます


応募条件:18歳以上。劇場リハーサルと本番(12月27(木)~30日(日))に参加できること。稽古の参加日程についてはご相談させて頂きます。




オーディション応募方法


オーディション日程:2018年9月9日(日)
※オーディション日に参加できない方は相談させて頂き、別日にさせて頂きますので、応募のメールにてその旨お伝え下さい


オーディション会場:地下鉄谷町線『都島駅』より徒歩10分程度の場所
※詳細は応募後にご連絡させて頂きます



応募はメールにて受付しております。



info@kinnngyo.com 宛に以下の内容をお送り下さい。


・メールの件名には「GFTオーディション」と記載して下さい。
・「顔がわかる写真」を添付して下さい(スマホで自撮りなど、簡単なもので結構です)

本文に以下の内容を記載して下さい。
・お名前
・身長
・年齢
・メールアドレス
・電話番号
・舞台経験(なくても可)
・好きな映画
・応募動機
・オーディションの希望の時間帯の順位(第4希望までお書き下さい)
①13:00~15:00
②15:00~17:00
③17:00~19:00
④19:00~21:00
⑤この日以外を希望
例)希望順⇒3、1、2、4(4はどうしても無理)
※この日以外を希望の場合は、⑤だけで結構です


注意
info@kinnngyo.comからのメールを受け取れるように設定をお願いします。


設定方法⇒http://46mail.net/index.php?e=info@kinnngyo.com


応募したのに、2日たっても突劇金魚からのメール返信が来ない場合は、お手数ですが「お名前」を記載しinfo@kinnngyo.comまで「連絡が来ない」とメール下さい。


応募締め切り:2018年8月31日(金)23:59まで




GoldFish Theatre第1弾を経た我々の思い


昨年クリスマスに公演した第1弾は40人の方に参加していただき
非常に濃厚な時間をみんなで過ごしました。


大人数にもかかわらず、それぞれと、とても仲良くなり
その後も、交流は続いています。


参加者同士で新しい出会いが生まれ
出演の機会が増えた人もたくさんいます。
演劇公演を立ち上げる仲間を見つけた人もいます。


我々、突劇金魚としても
一気に世界が広がった感覚でした。


その後の朗読劇に出演してもらったり
その後の公演を手伝ってもらったり
その後のプライベートで
ご飯を食べたり、お酒を飲んだり、相談したり、情報交換したり
などができる人たちにもたくさん出会えました。


突劇金魚は公演をする際
オーディションで出演者を募集することがほとんどないので
この出会いはとても新鮮でした。


そして、参加者さん同士で
世界が広がっているのを見るのはとても幸せでした。


また、今年6月からは
突劇金魚としては初の試み
アトリエにて演劇ワークショップを重ねてきました。


こちらも同様に新たな出会いがあり
とても楽しい経験でした。


GoldFish Theatreは一つの公演を作りますので
ワークショップよりもさらに濃密に
さらに深い関係になります。


ワークショップに参加してくださって
「これは…!」と思われた方も一緒に公演を作りませんか?


そして、逆に
公演日程などの都合が合わない
公演まで大層なことはちょっと…
と思われる方は
お気軽にワークショップに来てみて下さい。


ちなみにワークショップは
8/27(月)、31(金)、9/8(土)にあります。


ですので
この8月のワークショップで突劇金魚の二人の感じを
体験してもらってからのご応募も可能です!


今年の締めくくりも忙しく楽しい公演が
出来ればいいなと思っております。


ど年末まで公演やるのは楽しいですよ。


ご応募、お待ちしております!!!!!



※8/27(月)、31(金)、9/8(土)のワークショップ詳細はこちら

http://kinnngyo.com/workshop/





『過去作品』を無料公開中!!(期間限定)


有料で販売していた戯曲8作品(1冊800円)と過去公演DVD(2800円)の内容を只今まるごと無料公開中!!第7回公演 金色カノジョに桃の虫 フライヤー表第6回公演 愛情マニア フライヤー表
公開期限が終了すると見れなくなりますのでお早めに!!

詳細はこちらをクリック






 

突劇金魚Official Web Site
http://kinnngyo.com/

ページの先頭へ