突劇金魚 第22回公演
『罪と罰』
原作 :フョードル・ドストエフスキー
脚本:サリngROCK(突劇金魚)& 山田蟲男(突劇金魚)
演出:サリngROCK(突劇金魚)

ロシア文学史上最も有名な作品!

・人を冷酷な殺人へと追い込むものは何か?
・殺人者は、いったい何を考えているのか?
・どのような社会が、殺人者を生み出すのか?

これらをテーマに
ロシアの文豪ドストエフスキーによって
書かれた『罪と罰』。



時代を超えて世界中で読み続けられている
この小説には現代でも色褪せない様々な思想や哲学が
盛りだくさんに詰まっています。



が、それだけではなく


『殺人者』 VS 『警察』の頭脳戦は
サスペンス要素として、手に汗握る展開があったり


『殺人者』 VS 『聖なる娼婦』の愛を奥底に秘めた
信念の対決や、それぞれの登場人物たちが抱く
恋愛感情、愛憎、微妙な真理の葛藤からは
愛の物語の要素を感じさせられるなど
エンターテインメント性も高く
ロシア文学史上、最も有名な作品と言われています。


そんな素材の力を借りつつ
今回のキャストと突劇金魚の世界観で再構築し
楽しいものを作りたいと思っています。






Story


頭脳明晰ではあるが・・・
学費滞納のため大学から除籍された
貧乏青年ラスコーリニコフは
ある考えに取り憑かれていた。



それは




すべての人間は
『凡人』と『非凡人』に分けられる。

『凡人』は子供をつくるだけの材料であり
法律に従って服従の生活をしなければならない。



だが、『非凡人』は人類全員を前に推し進めるものであり、新しい法律を作るために、今の法律を踏み越える権利を持っている。つまり、世界を進展させる才能のある者には犯罪が許される。


一つの微細な罪悪は百の善行に償われる。




という独自の犯罪理論であった。




仕事もなく、家賃も払えず。
貧困に苦しみながら、
アパートの狭い部屋に籠り
考え込んでいたある日・・・



彼は、母からの手紙を受け取る。
手紙には、妹が歳の離れた裕福な男と結婚することが書かれてあった。



彼は、気づく。
妹が、自分と母を貧困から救うために
身売りのような望まない結婚をするつもりなのだと。



彼は、苦悩する。
そんな結婚をさせるものか!!
・・・。
だが・・・そんな権利が俺にあるのか?
この結婚をやめさせたとして
俺は、母と妹に何をしてやれる?
金を送ってやる事も出来ないじゃないか・・・。



行き場がなくなったラスコーリニコフは
兼ねてから考えていた殺人計画を実行に移す。



しかし・・・
ここからが、彼の苦悩の本当のはじまりだった。



罪とは何か? 罰とは何か?
絶望の暗闇の中で見る光とは?



これは
人間回復への強烈な願望を訴える
ヒューマニズムを描く物語である。






   Cast  ~ピロシキ組~


山田蟲男(突劇金魚)
岩切千穂(狂夏の市場)
木下菜穂子
野村有志(オパンポン創造社)
澤井里依(舞夢プロ/EVKK)
山本香織(道頓堀セレブ)
竹内宏樹(空間 悠々劇的)
上田ダイゴ(マーベリックコア/MoreGoofy’s)
北野勇作
下野佑樹(演劇創造ユニット[フキョウワ])
黒嶋啓太
ばばゆりな
仲田クミ






   Cast  ~ボルシチ組~


山田蟲男(突劇金魚)
三ヶ日晩(コトリ会議/小骨座)
佐々木ヤス子(サファリ・P)
浅雛拓
田中良子
諏訪いつみ(満月動物園/meyou)
あっぱれ北村
田口翼(チーム濁流)
殿村ゆたか(Melon All Stars)
白井宏幸(ステージタイガー)
田宮ヨシノリ
塗木愛
小笠原愛子(ISCplayer[s] /でめきん)


舞台監督:柴田頼克(かすがい創造庫) 
照明:葛西健一  音響:廣岡美祐  衣装:中西綾香
演出助手:葉兜ハルカ(でめきん/旦煙草吸

制作&WEBサイト:山田蟲男(突劇金魚)
当日運営:藤田サティ(シイナナ)
チラシイラスト:サリngROCK(突劇金魚)
協賛:一般社団法人表現者工房






稽古日記・写真・裏話を発信!


突劇金魚のTwitterアカウントで
今回の稽古日記・写真・舞台制作の裏話
などを発信していきます。
フォローして頂けますと嬉しいです!!


サリngROCK

サリngROCK(今回の脚本・演出)
https://twitter.com/t_kinnngyo

山田蟲男

山田蟲男(今回の主人公・脚本・制作)
https://twitter.com/ip620





公演スケジュール


ステージにより出演者が変わります

・上演時間:2時間50分(途中休憩含む)を予定 
  →多少、変動する可能性があります 

・受付開始は、開演の45分前です
・開場は、開演の30分前です
・ご入場は、当日の受付順です






チケット  〜予約開始は12月4日(日)12:00〜


チケット料金は観劇当日
会場の受付にて、お支払い頂きます 




★ご予約はこちらから★
⇒https://ticket.corich.jp/apply/208293/




【S席:自由席】予約券:5000円(各回8席限定)

【A席:自由席】予約券:4500円 

【B席:自由席】予約券:4000円 

【C席:自由席】予約券:3500円 

【当日券】:4000円


※ご予約数が一定枚数に達した際は、当日券の発行はありません!!

※ご入場は、当日の受付順です


★ご予約のキャンセル・変更・質問などがありましたら
以下のメールアドレスまで、ご連絡下さい!!

突劇金魚(制作部):info@kinnngyo.com

 





会場


芸術創造館
〒535-0003
大阪府大阪市旭区中宮1丁目11−14





★電車でお越しの方へ
・Osaka Metro 谷町線「千林大宮」駅から徒歩10分(約800m)
・京阪本線「森小路」駅から徒歩10分(約800m)
・JRおおさか東線「城北公園通」駅から徒歩15分(約1,100m)




★車でお越しの方へ地下駐車場33台収容)
・2時間まで…30分ごとに100円
・2時間~4時間…600円
・4時間以上…1000円





突劇金魚とは




サリngROCK

サリngROCK(作家・演出家)
【Profile&Photo】http://kinnngyo.com/saring/
【最新情報(SNSなど)まとめ】https://linktr.ee/kinnngyo

山田蟲男

山田蟲男(舞台俳優・プロデューサー・制作)
【Profile&Photo】http://kinnngyo.com/yamada/
【最新情報(SNSなど)まとめ】https://linktr.ee/mushio620




関西学院大学の演劇サークルに所属していたサリngROCKを中心に結成
2007年『愛情マニア』から山田蟲男が仲間になる。


作品の下敷きにあるものは
「現代を生きることで感じる、不安や憤り」である。



そこに、なんとか希望を見いだそうとする人々の姿を
女性の視点からなるべく滑稽に、そしてリアルに、描きだす。



関西訛りで話すエキセントリックで不器用な登場人物が繰り広げる
突飛な展開のドラマは現実なのか空想なのか、別世界なのか分からない
中毒性の高い、独特の世界を創り上げる。


過去作品のPVまとめ(3分30秒)


Promotion Video 2012~2015(3分30秒)
『夏の残骸』『富豪タイフーン』『夜に埋める』『漏れて100年』『ゆうれいを踏んだ』まとめ

https://youtu.be/n78cfDnZRxM







受賞歴&経歴など


『王様ニキビ』(2004年・ロクソドンタフェスティバル2 劇場賞)
『鰐と花と欲望ゴールド』(2006年・-ISTフェスティバル2006 大賞)
『愛情マニア』(2007年・space×drama2007 最優秀劇団)(2008年・第15回OMS戯曲賞大賞)
『金色カノジョに桃の虫』(2009年・第9回AAF戯曲賞最優秀賞)
『夏の残骸』『絶対の村上くん』(若手演出家コンクール2012優秀賞)
『しまうまの毛』(著者:サリngROCK)が小説化され創英社より出版される。
『富豪タイフーン』中部日本高等学校演劇連盟より<愛知県演劇教室>事業に招聘される。
『漏れて100年』第57回岸田國士戯曲賞最終候補に選ばれる。
『少年はニワトリと夢を見る』第62回岸田國士戯曲賞最終候補に選ばれる。
『漏れて100年』JAPAN SOCIETYに選ばれニューヨークでリーディング公演が行われる。
『GAG(吉本興業)』のコント演出協力などもさせて頂いております。










前回公演全編無料公開中!


『墓場のオサムと機嫌のいい幽霊』

突劇金魚 第21回公演



公演PV(2分20秒)

https://youtu.be/mSZiwpv4Cgg








本編はこちら(1時間52分)

https://youtu.be/wfR3YkJf72o




★ Cast ★
山田蟲男(突劇金魚)
岩切千穂(狂夏の市場)
川添公二(テノヒラサイズ)
田中良子
松田ミヤ
小林夢祈(今からひっくり返す)
西原希蓉美
竹内宏樹(空間 悠々劇的)
河口仁(シアターシンクタンク万化)
西分綾香(劇団壱劇屋)
大路絢か
田口翼(チーム濁流)
井田武志(sunday)






★ Story ★
森の奥にひっそり佇む、忘れられた墓場。
大きな木々の枝葉に空が遮られて昼でも薄暗く
だらしなく伸びた雑草が生い茂っている。


この墓場の奥に
何十年も手入れがされていない荒れた小屋がある。


この小屋に
数年前、ある男が住みついた。


その男は
可愛い小さなお面を常につけていて
その上、人目を避けている。


彼の名前はオサム。
だけど名前を呼ばれることはない。


彼は、呪いを受けて生まれてきた。


美しいものが好きだった母親は
この気持ちの悪い子どもへの憎しみが抑えきれなくなり
「忘れられた墓場の小屋」に閉じ込めたのだった。


22歳になった彼は今
小屋の中でひっそりと「箱庭」を作っている。


その箱庭は
自分が住んでいるような「荒れた墓場」で
そこで行われる自分の葬式の風景を作っているのだった。


ある嵐の夜
彼のところに、びしょ濡れの父娘(おやこ)が訪ねてきた。


父は、柔らかな笑顔で
娘は、真っ白の肌に大きな黒い目で彼を見つめ
彼は、娘の肌に触りたいと思った。


その瞬間から
彼の、自分にかけられた
「呪いから脱却するための心の旅」が始まる。







『過去作品』を無料公開中!!(期間限定)


有料で販売していた戯曲8作品(1冊800円)と過去公演DVD(3500円)の内容を只今まるごと無料公開中!!第7回公演 金色カノジョに桃の虫 フライヤー表第6回公演 愛情マニア フライヤー表
公開期限が終了すると見れなくなりますのでお早めに!!

詳細はこちら→http://kinnngyo.com/line/

 





朗読Bar/金魚の夢(出演者も募集中)


大阪・梅田付近(中崎町)で、ほぼ毎週やっている
舞台俳優・声優・ナレーターたちによる朗読イベント!



突劇金魚がプロデュースする
俳優たちの朗読を通して、いろんな物語と出逢えるサロンです。
お酒を飲みながら楽しんで頂けます。

終演後には、出演者とお客様を交えての交流会(軽い打上のようなもの)もあります。


★朗読Bar詳細&出演希望の方はこちら
⇒http://kinnngyo.com/lp/bar/






突劇金魚Official Web Site
http://kinnngyo.com/

ページの先頭へ